Reiko Tachibana officialウェブサイトへ
Search
Calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
橘玲子オフィシャルサイト
オフィシャルサイト Color Your Life
New Entries
Recent Comment
Recent Trackback
Archives
Profile
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
ゲゲゲの休日
お休み! お盆休みを利用して「夏の北海道へ!」…とはいかないけれど、今日1日隅から隅までお休みです。 車で2〜3時間、そして“ワン子連れOK”(これ最重要)の観光地に遊びに行ってみました。 


鳥取県境港市、水木しげるロード。 基本的に外を歩く観光なので、ティンパニもお散歩気分で一緒に楽しめます。

境港市出身の漫画家水木しげるさんの代表作「ゲゲゲの鬼太郎」をはじめ、日本各地の妖怪たちが139体ならびます。


鬼太郎さん。

ゲゲゲの鬼太郎さんの本名は墓場鬼太郎さんだって ちなみに慎重130センチ。


鬼太郎さんの下駄。

脳波で操作、空を飛び、妖怪を攻撃。 虹の橋を渡って夢の世界へ入ることができるそうです。


目玉のおやじ。

身長9.9cm、体重33.25g、趣味は茶碗風呂


一反もめん。

空飛ぶ布の妖怪で、なんとチョコレートが好物だそう


ねずみ男。

なんと怪奇大学という大学で博士号を取得しているんだとか


べとべとさん。

夜道を歩く人間の後をつけてくる妖怪。 可愛い


子泣き爺。

「子供を泣かすくらい怖い」のかと思いきや、「子供のような泣き声を出す」から子泣き爺らしい。 出身は徳島県


100体以上の妖怪ブロンズ像はともかく、町全体なにもかもが妖怪一色。
お土産も。(親切なお店のおじさん、写真用に持ってくれました♪)



和菓子屋さんの看板も。



銀行も。



街灯も。



タクシーだって。



水木しげるロードは、同じ主題、共通のイメージコンセプトをもって其々の販売やサービスを展開する各種店舗・施設の集合体。 みんなが1つのテーマで一緒に町を盛り上げようと強力しているのがすごい! 観光を楽しみながら、感心しました。


それにしても、真夏の観光は暑さとの戦い(笑) ティンパニも、首に3つ、身体に3つの保冷剤装着して歩きます。 


そんな観光客のオアシス!

クラッシュタイプの露店氷と違って、氷削りのふわふわかき氷。 幸せ気分で夢中で食べ終わる頃には汗も引きます。


お店の優しいお兄さん、私のみぞれの他に、ティンパニにもかき氷作ってくれました。 

おいしいねぇ〜 (あ、勿論シロップは無しね)


オアシスで休憩した後は妖怪楽園へ。

鬼太郎さん発見!


幽霊族の生き残りとは思えない可愛い鬼太郎さん。

鬼太郎さんの現住所は境港市、住民票もあるんだそうです。


そして水木しげるロードの終点近くにある「鬼太郎妖怪倉庫」。 「身の回りに起こる良くない事を一掃してくれる!」というので、なんだか分からず入ってみました。

今後いらっしゃる方の為に、倉庫の中は何だったのか……種明かしはしませんが、開運スポットらしいです。


さて、ゲゲゲ観光の締めくくりに、ティンパニが出会ったお友達の紹介。

もくちゃん。


かわいいおばあちゃんがやってる鬼太郎茶屋のわんちゃんです。

この鬼太郎茶屋、水木しげるさんが境に帰って来られた時には必ず立ち寄る場所で、店名“鬼太郎茶屋”と命名したのは、その水木しげるさんだそうです。


お抹茶や冷たい飲み物で休憩できる他、おばあちゃんの手作りグッズもあります。 

鬼太郎のちゃんちゃんこもおばあちゃんの手作り。


さて、そのお茶屋さんのもくちゃん。 と〜っても可愛い男の子でした。 

また会おうねってお約束してます。 今度はもうちょっと涼しい時に来るね、一緒にお散歩しよ。


1日だけのお盆休みはこうしてゲゲゲの休日となり、私は少し鬼太郎さんに詳しくなりました。



私のオフィシャルサイトへよろしければどうぞお入り下さい






にほんブログ村 犬ブログ アメリカンコッカースパニエルへ



posted by: 橘玲子 | - | 23:59 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
おっ! 境港に行かれたのですね!
周辺の郵便局で風景印をGETしても鬼太郎づくしですよ〜!笑

鉄道好きでも境線は完全乗車したことないですねぇ〜  もう何年前かな??  富士見町駅を通過するSL「C56-160」を見たことがあります。山陰鉄道100年記念で境線沿線に大勢の人がいたのを覚えています。

「C56-160」愛称:ポニーも現在は、梅小路の蒸気機関車館に居ると思うけど、もうすぐ山口に向かいそうです。 いつも山口に向かうときは、岡山電車区(北長瀬駅のほとりにある電車用の車庫)で日中は昼寝している姿が見れますよ(^^)

山口輸送(SLやまぐち号運用)の流れ

梅小路を夕方発車→岡山着(翌朝6時頃)日中滞泊  岡山発車(深夜0時頃)→広島(少々休憩)→新山口 10時頃着


「C56-160」瀬戸大橋も渡れば、国鉄最後の日に最後の国鉄総裁がこのSLに乗り込み、汽笛を汐留貨物駅(今は無い)で鳴らされてJRに移行した大役を果たしています。 また昭和14年に製造されて一度も廃車されずに現在に至っている貴重な車両ですよ(^^)
| 翔子ちゃん | 2012/08/22 9:04 AM |
◇お返事◇

翔子ちゃんへ♪

こんにちわ。

私は鉄道車両については全く無知だったので、翔子ちゃんが教えてくれた「C56-160」、wikipediaで見て来ました。 

効率は悪いのかも知れないけど、こういう車両もっと走らせてもらいたいですね。 童謡にでてくる、いわゆる「汽車ぽっぽ」。 なんだかおもむきがあって良いですよね。

是非本物を見てみたいです。
| 橘玲子 | 2012/08/22 11:56 AM |









この記事のトラックバックURL
http://essay.color-yourlife.com/trackback/408
トラックバック